Midway Software Designs

ソフトウェア制作・ダウンロード販売サイト

新着情報

2017/08/13 「作業日報集計ソフト」バージョンアップ版公開のお知らせ
2017/07/26 送り状印刷ソフト「クロネコヤマト版」バージョンアップのお知らせ
2017/06/20 「作業日報集計ソフト」バージョンアップ版公開のお知らせ
2017/05/30 機械設備・配管工事用積算見積ソフト「エスティメイトXE5」バージョンアップ
2017/05/22 ダクト工事用積算見積ソフト「エスティメイトXE5」バージョンアップのお知らせ
2017/05/17 見積・積算ソフト「エスティメイトXE5」アップデート版公開のお知らせ
2017/03/19 Knowledge Innovation Award 4th.「準グランプリ」を受賞しました。
2017/08/13 ソフトウェア・バージョンアップ

「作業日報集計ソフト」バージョンアップ版公開のお知らせ

「作業日報集計ソフト」バージョンアップ版公開のお知らせ

Release Version3.7.3.1
更新内容
・データベースにインデックスをつけ、検索を高速化しました。
・仕事データに作業データリストを割り当てることが可能になりました。
・CSVデータ出力で、「仕事番号」の末尾に「:」(コロン)がつくのを削除しました。
・担当者が削除できないのを修正しました。

詳細
送り状印刷ソフト「クロネコヤマト版」バージョンアップのお知らせ

新しい送り状レイアウトに対応しました。
新しいお届け先時間帯に対応しました。
お届け先リストをCSVファイルで出力できるようになりました。
ご依頼主リストをCSVファイルで出力できるようになりました。

詳細
2017/06/20 ソフトウェア・バージョンアップ

「作業日報集計ソフト」バージョンアップ版公開のお知らせ

「作業日報集計ソフト」バージョンアップ版公開のお知らせ

「作業日報集計ソフト」バージョンアップ版公開のお知らせ

(1)リリースバージョン
Release Version3.6.2.1

(2)アップデート版のダウンロード先
http://www.midway-software.net/setup/works3621.zip

(3)詳細ページ
http://www.midway-software.net/software/works_ex/

(4)更新内容
・日報に使用車と距離が登録できるようになりました。
・日報のスタイルを1種類([所要時間タイプ]作業日報A4横社用車)追加
・一括変更メニューに「仕事内容」を追加
・進捗状況一覧、個人別作業集計で画面のリサイズに応じてグリッド幅を自動的にフィットするようになりました
・カレンダーメニューの今日をクリックするとジャンプできるようにしました
・区分1、仕事内容等のタイトルを任意のものに変更した場合に、長い文字の場合に表示がはみ出るのを修正しました
・管理者パスワードを忘れてしまった場合に、復旧できるようにしました
→当社までメールにてご連絡ください

詳細
機械設備・配管工事用積算見積ソフト「エスティメイトXE5」バージョンアップ

(1)バージョン
   エスティメイトXE5 Version5.70
(2)ソフトウェアの詳細
   http://midway-software.net/software/estimate_ex/
(3)バージョンアップの主な内容
・エスティメイト本体をXE5相当にバージョンアップ
・単価登録を白紙リニューアル。
【複合単価管理・管材版】
[配管モード 複合要素]
1.管、2.継手類、3.接合材、4.支持金物、5.配管工、6.はつり補修、7.その他
[冷媒モード 複合要素]
1.管、2.継手接合材等、3.支持金物、4.雑材料、5.配管工、6.---、7.その他
[その他の計算方法]
・(配管工費+はつり補修)X歩掛
・(配管工費〜はつり補修の合計)X歩掛
※いずれかを選択
[施工種別]
屋内一般、機械室、露出、床下、地中配管
【複合単価管理・付属品・器具版】
[複合要素]
1.資材、2.※付帯単価1(自由指定)、3.※付帯単価2(自由指定)4.労務費、5.はつり補修、6.その他
[付帯単価1]
・単価加算、資材乗算
※いずれかを選択
[付帯単価2]
・単価加算、資材乗算、(資材+付帯1)乗算
※いずれかを選択
・法定福利費に対応しました。数量調書からの自動的に労務費を集計いたします。
・エスティメイト本体をXE5相当にバージョンアップしました。
・表紙データ、部材入力ボタンを左ペインに移動しました。
・諸経費入力ダイアログにて、登録数を拡大しました。
・計算単価を設定値込みで登録できるようになりました。
(4)ソフトウェアの概要
数量調書(拾い出し)からの自動集計、歩掛計算、複合単価管理に対応した、配管工事用の積算・見積書を作成するソフトです。
代価表印刷、法定福利費の算出にも対応しております。
数量調書(拾い出し)→数量集計→積算書自動作成
部材のサイズ毎の集計、ソート、取付費、消耗品の自動計上など、機械設備工事の積算書作成に効果を発揮します。法定福利費、諸経費に対応。
[プログラム構成]
積算ソフト本体
積算印刷プログラム
積算データ印刷プログラム
配管材入力ダイアログ
付属品・器具類入力ダイアログ
複合単価管理・管材版
複合単価管理・付属品・器具版

詳細
ダクト工事用積算見積ソフト「エスティメイトXE5」バージョンアップのお知らせ

・エスティメイト本体をXE5相当にバージョンアップしました。
・単価登録を白紙リニューアル。ダクト工事積算標準単価の形式に合わせたデータ管理に変更いたしました。

[カテゴリーは17種類]
長方形(矩形)ダクト類、丸ダクト類、フレキ類、チャンバー・ボックス類、点検口、ダンパー取付、たわみ継手、機器類取付、器具類取付、付帯工事、鋼材、場内小運搬、割増費、雑作業・補正、副資材・消耗品費、運搬費・交通費、共通費

・登録したダクト部材毎に、面積の計算方法、板厚判定の割り当てが可能となりました。
 (旧バージョンまではプリセット式)

[面積計算方法]
(W+H) × 2、(W+H) × 2 × L、((W+H) × 2 × L) + (W×H × 2)、((W+H) × 2 × L) + (W×H × 2)-(W×H)

[板厚判定]
低圧ダクト、排煙ダクト、チャンバー、組立チャンバー、ボックス、線状吹出口ボックス、コーナーボルト、共板フランジ工法

・矩形ダクト、スパイラルダクト、吹出口・ダンパー入力ダイアログを全てリニューアルしました。
・吹出口・ダンパー単価登録ソフトを完全リニューアルしました。
・法定福利費に対応しました。数量調書からの自動的に労務費を集計いたします。
・エスティメイト本体をXE5相当にバージョンアップしました。
・表紙データ、部材入力ボタンを左ペインに移動しました。
・諸経費入力ダイアログにて、登録数を拡大しました。
・計算単価を設定値込みで登録できるようになりました。

詳細
見積・積算ソフト「エスティメイトXE5」アップデート版公開のお知らせ

見積・積算ソフト「エスティメイトXE5」アップデート版公開のお知らせ

(1)リリースバージョン
Release Version 5.7.1

(2)アップデート版のダウンロード先
http://www.midway-software.net/lzh/up_estimate571.zip

その他の詳細
http://www.midway-software.net/software/estimate

(3)インストール方法
上記ファイルをダウンロード、解凍してできたestimate_xe5.exeを現在「エスティメイトXE5」のインストールされているフォルダーへ入れてください。

(4)ご注意
ユーザー様対象のアップデートとなります。アップデートファイルのみでは動作いたしません。

[更新内容]
1.表紙を別ダイアログから左ペインに移動しました。
2.計算単価の仕様を変更しました。
 (1)計算単価の種類
・単価計算
・歩掛計算
・付帯単価計算
・通常単価
(上記に登録されたデータを通常単価として使用する)

(2)入力方法
・新規行の場合
  先頭、もしくは直前の集計データ以降から直前までの集計。集計データを新規追加

・すでにデータがある場合
  先頭、もしくは直前の集計データ以降から直前までを集計し、集計データを割込

(3)新機能
 ・%や歩掛単価、労務費種別も登録できるようになりました。
 ・入力データに、労務費種別を反映できるようにしました。

3.ファイル一覧画面をメイン画面内に組み込みました。
4.メイン画面上に付帯単価の表示切り替えボタンを設置しました。
5.範囲選択の選択色を見やすくしました。
6.諸経費の登録数を拡大しました。
7.ファイルの保存で、IOエラーとなる場合があるのを修正しました。

[アップデートパスワード]
・管理者パスワードを忘れてしまった場合に、復旧できるようにしました。
→当社までメールにてご連絡ください。

詳細
2017/03/19 その他

Knowledge Innovation Award 4th.「準グランプリ」を受賞しました。

Knowledge Innovation Award 4th.「準グランプリ」を受賞しました。

Knowledge Innovation Award 4th.「準グランプリ」を受賞しました。

「人工無脳ロボット雪丸(聖徳太子の愛犬)と生徒だけで運用できる小学校図書システム」これからも頑張っていきます。ありがとうございました。

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube